外資系企業に興味を持った人にとってよく悩みの種になるのが、自分が本当に外資系に向いているかどうかです。外資系企業の風土や求められるスキルについて理解を深めることにより転職先として選ぶべきかどうかを判断できるようになりましょう。

外資系で重視されること

外資系転職をして面食らってしまう場合があるのが重視されていることがあまりに違うという事実を突きつけられたときです。外資系ではどのような風土の違いがあるのかを理解し、自分に合った環境があるのかを考えてみましょう。

外資系は成果重視

外資系企業では成果重視の人材評価制度を整えているのが一般的です。日本企業であっても成果を出している人が評価される仕組みがあって当然だと考えるかもしれませんが、実際には成果以外の部分も大きく考慮され…

Read more »

外資系はコミュニケーション重視

外資系企業へ転職を決める際に重要なことは、いかに前向きな姿勢でいられるかどうかでしょう。無事に外資系企業への転職が成功したとして、新たに雇われた人が最初にできることは、前向きな発言をすることくらい…

Read more »

外資系はワークライフバランス重視

外資系企業ではワークライフバランスが重視されているのが一般的です。海外では日本に比べてワークライフバランスを充実させることが早い段階から進められてきた影響があり、企業としても就業規則で定められた就…

Read more »

外資系求人に欠かせないもの

外資系求人は英語力に必要性は言うまでもありません。中国語やスペイン語などビジネスが盛んな国の語学も必要です。

外資系転職で必要なスキル

外資系の現場における風土を理解するとどんなスキルが必要とされているのかもイメージできるようになります。具体的にどんなスキルが求められている現場が多いのかを理解し、転職前に習得に励むことを検討してみましょう。

外資系転職で必要なスキル

外資系転職で有用な技術の習得方法

外資系転職に役立つ知識の獲得方法

ビジネスレベルの英語力は必須

外資系企業に転職するにあたって必要不可欠となるスキルの一つが英語力です。英語力といっても日常会話ができる程度では不十分で、ビジネスレベルで通用するだけの高度な能力が求められることになります。そのため、英語ネイティブではない人が外資系を目指すのであれば、常日頃から計画的に英語を身につける努力が必要です。 英語力を鍛える場合には、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4つの分野に分けて学習する方法が有効です。日本人の多くは義務教育の段階である程度の単語や熟語に加えて、コミュニケーションをするのに十分な文法を習っているため、リーディングとライティングについては、ビジネス特有の単語や熟語、言い回しなどを追加で習得すれば比較的簡単にビジネスで通用するレベルまで持っていくことができます。一方、リスニングとスピーキングについては一朝一夕に向上させるのは容易ではないため、ある程度準備期間に余裕を持って英会話教室に通うなどして学習する必要があります。あまり費用をかけたくないということであれば、固定料金でネイティブと好きなだけ話ができるオンラインの英会話サービスなどを利用してみるのもおすすめです。

できれば他の言語も身につけておくとなお良い

外資系転職に英語力は必須であるものの、経済のグローバル化が進んでいる世の中においては、それだけでは必ずしも十分ではありません。海外で活躍している人材の多くは、多言語を自由自在に操ってビジネスを展開しているため、彼らとの熾烈な競争に打ち勝つためにも、英語以外の外国語を身につけておくことは転職にあたって重要なポイントとなるのです。 習得する言語は、転職を希望する外資系企業がビジネスを行っている国で使われているものを選ぶというのがポイントです。例えば、中国でビジネスが伸びている会社を狙うのであれば中国語のスキルは必須といっても過言ではありませんし、中南米に進出している企業を志望するのであればスペイン語ができるに越したことはありません。次に、どの言語にするかが決まれば、なるべく英語と並行して学習すると効率的に語学力を高めることが可能です。英語と同じ文法となっている言語が多いですし、何よりどの言語でコミュニケーションしていても英語をベースに物事を考える習慣が身につくためです。英語に加えて、2、3の言語を操れるようになれば、グローバル人材として多くの外資系企業から求められるようになるに違いありません。

© Copyright Foreign-Affiliate Companies. All Rights Reserved.