外資系はコミュニケーション重視

前向きな姿勢が求められます

外資系企業へ転職を決める際に重要なことは、いかに前向きな姿勢でいられるかどうかでしょう。無事に外資系企業への転職が成功したとして、新たに雇われた人が最初にできることは、前向きな発言をすることくらいしかありません。しかし、それが効果的なのです。何故なら、外資系企業では前向きな社員を求めているからです。そのような社員は、会社を成功へと導いてくれると信じています。前向きな行動や発言は非常に貴重であり、それを続けることで成功しそうな雰囲気を自然とまとえるようになるのです。また、前向きな姿勢の人は、自ずとコミュニケーション能力が高くなっていきます。行動や発言が前向きであればあるほど、チームや組織に成功をもたらす人とみなされるようになるし、いかにこの企業が好きであるかもアピールできます。 逆に悲観主義者は、打ち解けた態度を示さないことが多く、コミュニケーションも取りづらいです。そうすると大切なチャンスを逃がすことになります。よそよそしい態度を取ったり否定的な態度を取ったりすると、会社にとって良くないもの、つまり失敗を引き寄せるかもしれない人物としてみなされる恐れがあります。もし否定的な態度をおおっぴらに示す人がいたら、適度に距離を置くことが肝心です。

上司とパートナーシップを築く

外資系企業に転職するとなったら、上司と確かなパートナーシップを築くことが肝心です。何故なら、上司はキャリアの質を決定する唯一無二の存在だからです。手掛ける仕事の種類や雇用の安定、さらには会社からの評価も、上司の意見が結びつくようになります。上司の意見は、仕事に就いた最初の数カ月間の間に生まれて、やがて定着します。一度定まってしまった印象は、なかなか覆すことはできません。そのため、上司に対しては常に敬意を示し、日々の仕事においてサポートを行います。そして、その上司の好みや価値を置くものを見い出すことが肝心です。

では上司とコミュニケーションをとる上で、上司のことを好きになる必要があるかというと、必ずしもその必要はありません。ただ上司を個人的に好きになる必要はありませんが、しっかりサポートする部下になる方法を見い出す必要があります。部下のサポートがしっかりしているから、優秀な上司に見えるようにと上司自身が感じられるようになれば、報酬アップや昇進といった形で応えてくれるはずです。逆に上司にとって脅威を感じる存在になってしまったら、昇進どころか雇用の安定も脅かされる可能性があります。そのためには、常日頃から上司とのコミュニケーションが欠かせないのです。

© Copyright Foreign-Affiliate Companies. All Rights Reserved.